「中日新聞」2014/05/05 集団的自衛権を考える / 作家 竹田恒泰氏

「中日新聞」2014/05/05
集団的自衛権を考える / 作家 竹田恒泰氏

▼解釈改憲は将来に禍根
憲法は、国民ひとり一人が幸せになるための道具です。未来の日本に役立つ内容か、不都合だから変えた方がいいのか。常に批判的な目で眺めることが大切。憲法護持と声を上げているだけでは、考える力をそいでしまいます。 ただ、改憲派の保守といわれる人たちも、本当に保守の視点で考えているのかは疑問です。「押しつけ憲法で、すべて間違い」と、憲法への憎悪感が強いんじゃないですか。壊すことだけに目がいっている。愛国心など道徳観念を盛り込もうというのもおかしい。

詳細はこちら