危険な環境保護思想

私は「環境保護」という言葉が嫌いである。

保護というと、「強い人間が弱い自然を保護してあげる」というニュアンスが残る。ところが、本当に保護しなければならない瀕死の重傷は「自然」ではなく、むしろ「人間」の方なのではないか。自然は人間がいなくてもやっていけるし、むしろいない方が喜ばしいことだろう。その一方で人間は自然なしではやっていけない。人間は自然のおこぼれをもらっているのである。たとえ環境問題が悪化したり、エイズが蔓延したり、疫病が流行したり、核戦争が起こったりして人類が滅んだとしても、依然として動物、植物、微生物が構成する生態系は存続し続ける。最初に滅ぶのは自然ではなく人類なのだ。事実、人間は征服したと思い続けていた自然から逆襲をくらい始めている。

「人間は環境によって保護されているのだ」と言うと、「人間が吐き出している二酸化炭素を植物が吸っているではないか、人間がいるお陰で植物が生存できるのだ!だから俺には自然から搾取する権利がある。」と反論する人がいるだろう。確かに植物は二酸化炭素を吸っている。しかし人間が二酸化炭素を吐き出さなくても人間以外の動物が吐き出す二酸化炭素で十分足りていて、全ての動物がいなくても微生物が吐き出す二酸化炭素で植物は十分なのだ。

人類の存在を悪とした上で自然が全てであるという考え方は、とても自虐的で偽善的だ。この考え方では何も解決することはできない。人類の置かれている立場を理解せずに、この先も傲慢に「自然を保護してあげよう」などという恐ろしい考えを持ち続けていたら、人類は近い将来、環境に見捨てられることになろう。

自分の思い込みだけで大事を成し遂げたとしても、無意味どころか大迷惑ということもある。特に自然保護活動はしっかりと方向性を見極めないと活動のための活動になってしまい、自然を保護するどころか、逆に破壊してしまうことにもなりかねない。例えば、リサイクル運動が盛んになるほど、人は資源を浪費することに抵抗を感じなくなる。企業の思惑で、リサイクルするために資源を投入しなければいけないことは語られず、結果「リサイクルされるのだから、いくら捨てても平気だ」と間違って認識されている。

「人間が自然を守ってあげる」という考え方は余りにおこがましいではないか。そこで、「人類のために自然を大切にする」と考えてみたらどうだろうか。人間は母なる大自然の恵みに支えられていることを自覚し、自然を正しく畏れ、そして心から感謝し、その上で正しく利用するべきである。人間は自然に生かしてもらっているのである。これは本来日本人が古代より持ち合わせていた感覚であり、これを現代人の心に蘇らせなければいけない。

人間が自然を「保護」するのでなく、人間は自らが生存するために自然と「共存」もしくは「共生」する道を見出さなくてはならない。「自然との共生」。これこそ、人類が21世紀初頭で解決しなければいけない最重要課題なのである。

竹田恒泰
(転載禁止)